スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ストレイト・ジャケット #1「THE CAST ~ニンゲンのクビキ~」 

これはOVAになるんでしょうか?、AT-Xでの1話を視聴。気持ちいいくらいに人が真っ二つになって死んでいくなぁ。さすがは年齢制限がつくだけある。
原作は榊一郎氏でして、最近では「ポリフォニカ」を思い出す…というか丁度今AT-Xでポリフォニカ放映してまして、榊一郎ワールドを堪能できます。あ、そういえば「CODE-E」も氏でしたっけ? あれはいまいちだったなぁ(もっとも続編次第ですけど)。さて、ポリフォニカは作画がちょっとアレでしたが、ストレイト・ジャケットは流石はOVAなだけあって作画がイイ。またテンポ良く話が進むので途中でだれると言うことは無く、快適に視聴できました。また、似たような世界観からかどうしてもポリフォニカと比べてしまうのですが、かの作品が陽ならこちらは陰とでもいえそう。まあ雰囲気だけを見れば…ですけど。

さて、魔法が使える世界…というのはごくありがちな世界観なんですが、その魔法を使うのに「魔族」になるかもしれないというリスクが伴う…というところが新鮮。さてこの「魔族」、これになってしまうともはや人間では無くなってしまって殺戮の限りを尽くすようで。ということで、場所は病院、そこで手術中の医師が「魔族」になってしまい、殺戮の限りを尽くすのですが、今回の一件は人為的に第三者により起こされた感があるなぁ。それはともかく、それを退治するには戦術魔法士という専門職に頼むのですが、どうも慢性的な人手不足なようで…ということで主人公(?)のレイオットは所謂モグリになるんですが実力はトップクラスということで、今回退治を頼まれることになりました…というお話。
ふと思ったんですが、「モグリ=実力はトップクラス」というのは昔のBJ先生なんかそうでしたが、結構あるパターンなのかな?

今回は1話完結型で、最後にはレイオットに魔法管理局のネリン・シモンズが(暫定的ではあるが)監督として就くというところで終わってしまいましたが、第二話以降もえらい気になるんですがAT-Xでの放映はあるのかなぁ? 無いんだろうなぁ…DVD買うしかないか?
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://evi1101.blog31.fc2.com/tb.php/916-6df23107

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。