スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CLANNAD #5「彫刻のある風景」 

さて、以前渚の家にパンを買いに来たお姉さんは風子の姉だったようで、彼女が結婚するという話は妹にしかしていなかったという事から「風子=生霊?」説は真実味を帯びてきた。でも妹が寝たきり状態で結婚するのもどうか?ということで、彼女自身も結婚すべきかどうか悩んでいるようで。今回で完全に風子シナリオに入ったかな?
そんな中、風子は渚の家に寝泊まりする事になったんですが、そこで星形の彫刻をしているかと思ったらあれはヒトデだそうで…。私もてっきり星だとばかり思ってましたよ。星だとなんかキラキラして綺麗なイメージがあるのにヒトデではねぇ。
しかし、学校での朋也に言いくるめられての椋が可愛すぎ。もうね、どこまで従順というかアホというか、いやコレはコレでイイですけど。しかもそれをあっさりと信じる風子も風子でして、いや~アホの子は可愛いね。

ということで、さて風子が高校の授業を受けたかったと言うことで、みんなで授業…というよりはごっこ遊びみたいなもんですかね、先生役は早苗さんなんですけどこれが無茶苦茶似合っているんですけど経験あるんですかね?。ちなみにおねティを思い出したのは秘密だ。
今回気になったのは、そこらかしこを飛び回る光の球(?)。これは一体? そして学校は創立者祭の準備のまっただ中ですけど、最後に出てきた老人は一体何者? 何気に気になることがちらほら出てきましたが、今回は風子祭りでいや~とにかく楽しかった。しかし…この楽しみも長くは続かなかった…というのがkeyシナリオだったりするので、まだまだ油断は出来ない。
次回は風子と姉が会う話? でも風子の「声が届かない」…というのも気になるし、一体どうなるんでしょうか?
スポンサーサイト

コメント

トラックバックありがとうございました!ふくろうです!

たしかに色々と気になることが出てきましたね。
オイラも最後のおじいさんは気になりました、これからの重要人物になったりする?

それでは、これからもよろしくお願いしますー!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://evi1101.blog31.fc2.com/tb.php/920-b91cc055

CLANNAD 5話 風子はしゃべり方が好き

まさかのヒトデだったwwww風子がいつも一生懸命に彫っていたあの木工品。星だと思ってた。もしかしたらヒトデかもしれないとも思ってたけど本当にヒトデだったとはwww...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。