スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナイトウィザード The ANIMATION 最終回「ハッピー・バースデイ」 

アンゼロット様とベル様が共同戦線を張ってキリヒトことゲイザーに立ち向かう…ベタではあるけど、こういう王道は逆に新鮮かもしれない。

アンゼロット様はゲイザーに立ち向かうことを決意。ゲイザーは「見守るに値する世界」を破壊して作ろうというのに対し、アンゼロット様の使命は「この世界を守ること」。シャイマールとゲイザー共に宮殿のある空間に転移させるのですが、そうかあの宮殿は別空間にあったのか…と今更気付いたりして。ベル様と柊は手を組みゲイザーに立ち向かうことに。
そこにあの夢使いですよ。シャイマール=エリスなわけで、エリスの深層心理に入り込み自我の復活を促せばシャイマールを押さえ込むことができる。ということで、柊は夢使いと共にエリスの心の中にダイブ。そこであの「開けてはいけない扉」…あれはシャイマールが復活したわけだしもう用済みだと思っていたんですが、ここにきてあの扉はエリスの闇の部分でその中にエリスは捕らわれている…という話になり、そこに入り込むということになりました。いやはやここに来てあの扉の伏線が生きてくるとは思いませんでした。
そしてくれはは利害の一致しているアンゼロット様とリオンに生き返えらせてもらいました。なるほど、アンゼロット様御自らの力を見たことは無かったのですが、その力は死者を蘇らせるほど強大なもの。「禁」を破る…ということを言ってましたが、それはゲイザーに対する禁なのかな? ゲイザーと決別する以上、その「禁」はもはや意味がないということでしょうか。結局「禁」を破っても別に何ともなかったしなぁ。それだったらこれからアンゼロット様の力使い放題じゃね?

ということで、くれはが生き返りエリスの心のわだかまりも消えエリス復活。7つの宝玉の力を用いてゲイザーの「神の盾」を突き破り、ついには柊がゲイザーを打ち倒しました。ここでED曲が流れるのは歌詞もちゃんと合っていてイイ演出。12/8拍子(合っているよね?)というアニメにはあまり見られないED曲で印象には残っていたのですが、ここで効果的に使われてさらに効果的に(しかも転調する)。ゲイザーは打ち倒され、無事に世界は守られました。アンゼロット様はゲイザーという道筋を失ったわけですが、別にだからといってどうということはなさそう? 結局ゲイザーの存在って一体何だったんですかね? そしてベル様はゲイザーが打ち倒されるのを見るとすぐに撤収…これはらしいといえばらしいなぁ。変に馴れ合わない分、さすがベル様と思ってしまいました。

エリスは日常に戻ってきました。そして何と柊が卒業するというハプニング(笑)が。ちょ、2年に落ちてどうやって卒業できるんだよ? エリスは宝玉の力を失ってしまいましたが、これからも柊やくれは、あかりたちとずっと一緒…最後に今後の希望を見出せる終わり方となっていました。エリスとしては結局柊とは恋愛フラグ立ちませんでしたね。あくまでも「先輩」として付き合っているっぽい。あと気になるのが柊の進路ですよ。このままアンゼロット様にこき使われる人生が待っているのだろうか?と思うとちょっと不憫だなぁ。

というわけで今回で最終回でして、いやはやこういう王道ファンタジーというか、ベタな展開もたまにはいいもので楽しませてもらいました(しかも文句なしのハッピーエンド)。伏線も全部回収しきってこれで完結かなぁと思うとちょっと寂しいモノが。総じて見ると全ての点に於いて標準以上で、今思うとなかなか良い作品だったのではないかなぁと思います。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://evi1101.blog31.fc2.com/tb.php/956-bace267b

クロムハーツ

メガロでポン! ナイトウィザード The ANIMATION 最終回「ハッピー・バースデイ」
  • [2013/10/23 01:15]
  • URL |
  • クロムハーツ |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。