スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プリズム・アーク #12「騎士たちの閃光」 

えっ? なに!? これで終わり? これは何という「俺たちの戦いはこれからだ!」ED。

分かったことと言えばプリーシアがキザーロフ学園長の娘で行方不明の姫の影武者だった、暗黒騎士の正体がマイステル国王だった…という事だけですよ。あ、あとハヤウェイがプリーシアのナイトになる…ということもありましたね。多分コレが今回一番やりたかったことだとは思います。
で、最後に出てきたあの人工衛星みたいなのは何? その光を浴びてハヤウェイとプリーシアが巨大化(?)して戦ったけどこれは一体? 2人いないとダメなのか? ここでウルトラマンAが真っ先に思いついた私は結構なおじさんかもしれん。あと、個人的にブリジットがどうなったか気になるんですけど…。そして、あのジジイ達は何者だ?とか、ジュダスは何者だ?とか、もうツッコミ始めたらきりがない。
張った伏線を回収するどころか、最終回でさらに伏線を張ってそれらを全て放り出した終わり方だったんですけど、ある意味斬新というか潔いというか…。コレは何だ、続きはゲームでよろしくね、と言うこと…なのか? しかし最終的には結局女の子のパンツしか覚えていないんですけど…これはそういうアニメだったと認識してもよろしいのでしょうか。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://evi1101.blog31.fc2.com/tb.php/959-44e195f4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。