FC2ブログ

CLANNAD #10「天才少女の挑戦」 

今まであった風子のことはやはりというか、忘れてしまっているっぽい? でもそれは心のどこかには残っているようで…。

ということで、風子の事からは離れ、ことみ編に入るのでしょうか。演劇部の勧誘活動を復活させたのはいいのですが、いくら人手が足りないと言ってもことみに声をかけるのは明らかに人選ミス。接触してくる人に対し「いじめる?」「イジメっ子?」と怯える様はいいな。所謂「いじめてくん」好きな私としてはこれ以上にないキャラかもしれません。しかし、この人見知りの酷さはやはり演劇には向いていないですよね。
さて、そんな彼女の人見知りをなんとかしようということですけど、渚とは何故か波長が合うよう? 杏は雰囲気を察したのか「いじめっこ!」とことみが決めつけてしまいましたが、杏は「友達って与えられるものじゃなくて作るものでしょ」とやんわりと拒否するのですが、それでも杏は自分の名前を言って去ってくれました。杏としてはことみのことをあまり気にしてはいなさそう。さて椋はこれまた波長が合うようで「友達」になってくれるようで。杏の会話から察するに椋は朋也に恋しているっぽい感じ。杏にはその気はあるのかどうかは分かりませんが、今のところ「妹を応援する」という立場でいるような印象。
ということで、結局ことみ、渚、椋の3人は仲良くなったんですけど、肝心の演劇部勧誘の方は上手くいかなかったのですが、ここで何故かことみがヴァイオリンに興味を持つのですが、もしかしてお嬢様っぽいし上手いのかと思いきや超絶的に下手。それはすでに怪音波。それでも「集中できる何か」を見つけられたのはことみにとってはプラスかも知れません。

さて、ことみといえば親の事を話されて顔を曇らせたりと、単なる天然ではない気になる部分もありました。父親に対するコンプレックスでもあるのでしょうか? もしかしたらそれが極端な口べた&人見知りにさせているのかも? 一筋縄ではいかない「何か」がことみにもありそうな感じです。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://evi1101.blog31.fc2.com/tb.php/964-935a54f4

CLANNAD 第10話「天才少女の挑戦」

 ハワイは、比較的日本語が使える、敷居の低い「外国」です。…って、引かないで。ちゃんとCLANNADレビューするから、「てりぃのドタバタハワ...
  • [2008/01/04 01:20]
  • URL |
  • Old Dancer\'s BLOG |
  • TOP ▲