FC2ブログ

狼と香辛料 #1「狼と一張羅」 

原作は未見。原作はラノベ?

舞台はどうも中世ヨーロッパな感じで、特に「剣や魔法」といった世界観ではなさそうでして、見たところまあ普通の田園風景が広がっています。狼の姿をした豊作の神「ホロ」が信仰されていたのですが、時代と共に信じる者はいなくなっていき、でも祭りだけは形骸化してはいましたが一応行われてはいたようで。
行商人のロレンスがそんな中であったのは「ホロ」と名乗るケモノ耳の女性。彼女はどうも例の神様で狼のようですが、彼女曰く別にそんな大層な存在ではないと言ってましたが、それよりもいきなり全裸で登場ですよ。これには相手が神だろうがなんだろうが普通ビックリしますよね。目のやり場に困りますよ。で、ロレンスはそんな事を信じず、「悪魔憑きの女性」といい本当の姿を見せろというのですが、見せたら見せたで恐怖しちゃってどうしろと。もっともそのおかげで「狼」ということを信じてもらったようではありますが。
最終的にホロはロレンスについて行く事になったようで、今後の旅はどうなることか? あと、祭りを行っていた村に居たクロエという女性ですよ、どうもロレンスに好意をよせているっぽいのですが、そんな中現れた偉そうな司教。こっちの村の出来事も同時進行するのかな? 土着の神様信仰に一神教(?)の宗教観が入ってくるという「宗教上のいざこざ」も何か絡み合ってきそうな感じ。

予備知識無しで見始めたのですが、これは化ける可能性が。あとOP/EDが印象に残っていてこれはイイですね。今後も楽しめそうな予感です。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://evi1101.blog31.fc2.com/tb.php/970-6dd5540d