スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CLANNAD #11「放課後の狂想曲」 

ヴァイオリンに(違う方向に)目覚めたことみの話。常にヴァイオリンを持っている彼女は愛くるしいのですが、一端それを弾くと「武器」になってしまうという恐ろしい代物でもあります。

ということで、そんな事にも関わらず何故かリサイタルをすることになってしまったんですが、それを提案したのは杏。杏といえば「もしもどこかにあんたのことが好きで好きでしょうがない女の子がいたら、付き合う気ある?」と気になる発言を。これは椋をくっつけたくて言っているのか自分のことを言っているのか真意は分かりかねますが…さしあたって椋は杏の発言からやはり朋也の事を意識しているようです。
さて、ジャイアンリサイタルの始まりですよ。そこには何も知らない渚の両親や智代、杏に委員長権限で無理矢理出てこさざるをえなかった人々、結局何だかんだで結構な人数が集まったようですが、始まったのは地獄のコンサート、そして次々に死に絶えていく人々(笑)。地獄というものがあるとすればまさにココが地獄だと言わんばかりの破壊力がことみのヴァイオリンにはあるのでした。しかしヴァイオリンの音色で阿鼻叫喚の地獄とはお前はしずかちゃんか!? しかし…このリサイタルは成功…したのか? とにかく無事に(?)終了したのでした。

そして最後に出てきた謎の紳士。ことみは彼のことをいい目で見てはいないようですが彼は一体? そういえばことみは大学教授の娘…という話がありましたっけ、それと何か関係があるのでしょうか? もしかして家族の一員とか?
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://evi1101.blog31.fc2.com/tb.php/974-e3be5bc4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。