スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

狼と香辛料 #4「狼と無力な相棒」 

さて、前回ゼーレン…というより背後にいる何者かの企み(?)に気付いたロレンスはミローネ商会に協力を求めることに。本当は価値の下がる銀貨を「価値が上がる」といった噂を流させて買わせ、実際に価値が下がった後買い集めると利益が出る…ということらしいのですが、なんでそこで利益が出るのか私にはさっぱり?? ちなみにゼーレンの背後にいるのはメディオ商会らしく、さらにそのバックには貴族がいるらしい? スケールが大きくなってきました。
ミローネ商会はその情報により莫大な財産を得るかもしれない…もし上手くいけば、ロレンスにも見返りがあるかも? ということで浮かれまくるロレンス。店を持ちたい…ということでしたが、そうなるとホロはどうなる?ということで、「孤独はもういや」とかいって寂しそうなホロでした。でも孤独なのはロレンスも同じ…だからこそ店を持って街の一員となりたい…ということでしたが、なんかその後急速に接近して一気にキスまで行くかと思ったら侵入者が。しかしこのロレンス、いつの間にかホロに恋心が目覚めたか? もっともあんな状況になってはロレンスでなくても狼(笑)になりそうですが。
さてその侵入者は何者かは不明ですが、メディオ商会の手のモノらしい?ですが、メディオ商会側としても敢えてロレンスたちを追う必要性がここでは感じられず、そしてすでに莫大な資金が動き始めている事もあるということで、ここに価値が見出せないミローネ側もロレンスを助けるという事はしない。冷徹ではあるが、それでないと商人やっていけないんでしょうな。ということで相手はどうもホロが狼ということを知っていてさらったと言うことになるのですが、さてここで考えられるのは相手はメディオ商会ではないのかもしれない…ということ。相手はメディオ商会という前提で話が進んでいるのですが、ここにミスリードがありそうな気がする。実際ホロを捕まえた側はホロと面識がありそうな感じだったし…。
しかし、ここで襲撃という展開になっておきながら、次回タイトルは「痴話喧嘩」…って今回の襲撃と次回のサブタイトルに関連性が全く無いんですけど? 一体どういう内容なんですかね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://evi1101.blog31.fc2.com/tb.php/991-d282d135

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。