スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BLUE DROP~天使達の戯曲~ 最終回「Rosmarinus」 

何気にAT-Xで視聴していたんですが、これは良い百合アニメでした。しかし、あぁぁぁぁ、まさかあんな終わり方をするなんて。前回は萩野とマリとのキスシーンで終わって、今回は無事にハッピーエンドで終了するかと思いきや萩野は単艦体当たりをかまして爆発の中に消えてしまった…。
これで終わっていたら最悪だったんですが、萩野が「未来に種を撒いた」という点ではある意味希望の持てる終わり方ではあり、そして30年後、国連和平使節団の全権委任大使としてアルメ機動母艦を訪れるミッチーがいたのですが、護衛はツバエルとアザナエル? アレ? マリはどこいっちゃったの? そういえばオノミルの精神体は何か話に関わるかと思ったんですがあれで終わっちゃったしなぁ…先生の組織も何だかよく分からんかったし、なんかやるせない気分。
しかし、相当分の百合分を補充させていただきました。でも普通の会話でも顔を赤らめたりしていったいどこからが恋愛感情なのか分からんかった…。あと構成のことを言うなら萩野とマリの話に全てを集中したのは悪くなく、こういった話はあちこち飛びそうなものだけど、よく纏めたなぁ…というのはあります。これでちゃんと最後がハッピーエンドだったら言うことなかったんですけど。この世界観は結構気に入りましたので、一応原作があるらしいのですがそっちもあわせて読んだ方がいいのかな?
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://evi1101.blog31.fc2.com/tb.php/992-c344a196

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。