スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

咲-Saki- 阿智賀編 #7「信念」 

今回は灼の出番!
そういえば今まで灼の麻雀シーンって見たこともないし、どういう打ち方をするのか?というのは気になる所。…だったんだけどボーリングツモ(?)であっさりと終わってしまいました。この時点で2位までが準決勝にいけるルールなので、千里山の勝ち抜けは確定か。2位にくるのは阿智賀か兵庫の劔谷か、という状況。埼玉代表とは何だったのか…。

兵庫の劔谷の回想が入ったりするんですけど、どうみても負けフラグです、というやつですかね。しかしこうしてみると兵庫代表もなかなかレベルが高い。というか和室のど真ん中に全自動麻雀卓がある画がどうにもシュール。

そして大将戦は穏乃。…なんだけど、これもバッサリとカットされてもうオーラス。穏乃も振り込んでしまって点数的にピンチなのですが、配牌もなかなか厳しい状況。でもここで投げずになんとか七対子に持って行って劔谷から直接ロン、ぎりぎり2位に浮上して準決勝にコマを進めることができました。

準決勝であたるのは、今回戦った千里山、九州の新道寺女子、咲の姉の居る白糸台といったところか。うーむ、これは厳しい。当然阿智賀のことはどこも研究してくるだろうし、フルボッコにされるんじゃないかな。でも、どこにもいえるけど、勝者の奢りが若干あるようにも見えるから、突くとすればそこだろうか。

一応ベスト8にはなれたのですが、今後の事を考えても晴絵はなかなか浮かない顔…。そんななか晴絵のプロが云々という話も出てきて、もしかしたらダシに使われたのではと言う疑念が…? そんな所に出てきたのはまさかの鶴賀ステルスモモ(ついでにワハハ)。なるほど、鶴賀のメンバーも東京に来ていたと言うことか。ステルスはそういえば和と戦ったんでしたっけ、和と繋がっている人が出てきました。そして次回予告を見ると懐かしい面々が出るわ出るわ…。というか清澄はどうなっているんだろうか?? もう8校しか残っていないし、ぼちぼち和と直接会う機会もありそうなものだけど。

咲-Saki- 阿知賀編 #6「奪回」 

宥のターン!
子供の頃から玄に守られるばかりでどっちがお姉ちゃんなのか分からないのですが、今回はお姉ちゃんらしく活躍。

とはいえ、千里山の方も宥を研究してきていて、玄の時はドラが何故か寄ってくるという特徴があったのですが、宥は中と萬子が寄ってくるという特徴があるらしい? ……というデータを最初からインプットしてきていたのだけど、実際にはちょっと違っていて、確かに中や萬子が寄ってくるというのは間違っては居ないのだけど、正確に言えば「赤色」が入っている「あたたかい色の牌」が寄ってくるが正解だったもよう。しかし赤色の入っている配というと結構ありますよね、ドラ待ちとは違ってこちらはなかなか読めそうにない。というところで、宥のターン終了。玄が取られた点をある程度挽回したものの、まだちょっと厳しいか。

続いて憧のターン。…なんだけど、なんかいつの間にか終わってしまった印象。うん、千里山と戦って普通に強いという感じなんだけど、あんまり見せ場が無かったかなあ。それでも一気に2位に持って行きました。うーん、やはりサイドストーリーということだけあってか、麻雀はダイジェスト感が強いかな。麻雀をやると話が進まないし、話を進めようとすると麻雀シーンが少なくなる、なかなか難しいところですね。

咲 -Saki- 阿知賀編 #5「強豪」 

今回は2回戦先鋒戦。
先鋒は玄なんだけど、ドラが集まる=それだけ相手に手の内を読まれやすい、というのもあってか集中砲火を受けてしまう。しかしそれでも相手の千里山の怜ですよ、一手先が読めるとは予知能力者か…。まさにそんなオカルトなわけですが、感覚として次の牌がなんとなくわかる、というのはあり得るのかもしれない。
玄自身の守備の甘さもあってか、千里山以外の学校からも点を吸い取られていくし、まさにいいところが無く、ただ一人負けで終わってしまったという感じですね。

そして次鋒は宥。お姉ちゃんが取り返してあげる、と言っているが、玄以外のキャラの麻雀の実力って今まで描写もあまり無かったのもあるんですけど、よく知らないんですよね。当然千里山も宥の手を勉強してきているとは思うのだけど、宥の実力はいかに? チームとしてここからどう挽回していくんだろうか。

咲-Saki- 阿知賀編 #4「全国」 

さあ、いよいよ全国大会!
…なんだけど、穏乃の目指す和が居る清澄は反対のブロックになってしまって、ということは決勝まで勝ち続けないと当たらないということに。そして同じブロックには強豪といわれるところが当たっていたり…特に咲の姉が居るところと当たるのはなかなかきついものがある。これは先が長そうですね。

まずは一回戦。さあ玄が先鋒で戦うぞ! と思ったらあっという間に終わって、その後の試合は結果だけが。危なげなく(?)勝利したみたいですけど、今回の対戦はみんなが見ていたわけで、玄のドラが集まるという能力も知られることになってしまった。ドラを待つ、ということはそれだけ相手に手を読まれやすいということでもありますしね。また今回を見ると、玄も結構相手に振り込んだりしているし、今回はドラの方が上回ったけど、次回戦以降、同じ能力が通用するか…? もっとも、阿智賀としても後で挽回できる能力があるとは思うのですが。

そして久しぶりの清澄の面々は、まあ元気そうでなにより。
タコスなんかは東京観光も楽しんでいるみたいですね。
まあそれだけ精神的な余裕があるならば試合は大丈夫そうかな?

咲-Saki- 阿知賀編 #3「接触」 

和と全国で麻雀するためには、まず県大会から!

ということで奈良の県大会なのですけど、初戦から目下の強豪と言われる晩成と当たることに。さあここから何話かかって全国に行くのか…と思ったらあっさりと晩成を倒してしまって、そのまま県代表として全国大会に出場決定!。長野ではここに来るまで20話くらいかかったんだけど、話が早い早い。

全国大会までまだ日がある。それまでにさらなる実力アップをしていこうということで、なんでも代表同士が対戦することはルール上出来ないのだけど、2位となら対戦してもOKということらしいので、真っ先に長野の代表となった清澄と戦った龍門淵と対戦。衣とか懐かしい面々が出てきましたね(もっとも懐かしいとは言っても同時進行ではあるのだけど)。そこで衣に勝ったのは和では無いということを聞く。勝った相手それは…。

そして全国大会。車で上京。途中の浜名湖サービスエリアとかむっちゃ地元ですね! そこではいずれ対戦することになるであろう選手と会ったり…。
大会会場では咲がたまたま阿智賀のみんなの前を通ったのだけど、これが怖い怖い。なんでこんな殺気立ってるの。まさにラスボスの風格といったところでしょうか。まあ和を「取り戻す」となるという見方になると咲がラスボスに、というのは遠からずと言ったところではあるかな。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。